インテグラルヘッドついて

インテグラルヘッドについて


 

新しいヘッドパーツの規格として、耳にする機会が増えたインテグラルヘッド。
しかし、そのインテグラルヘッドがどのようなもので、どのような規格が存在するかを正確に把握されている方がどのくらい
いらっしゃるでしょうか?

下記のように約5種類のヘッドが存在します。

1) ロープロファイルタイプ : Canecreek ZS、FSA Orbit Zシリーズなど
2) インテグレ-ティッドタイプ : Canecreek IS、FSA Orbit Iシリーズなど
3) カンパタイプ : Campagnolo Hiddenset、FSA Orbit CF/CEなど
4) クリスキングタイプ : Chrisking Perdido、FSA Orbit ZRなど
5) コロンバスタイプ : Columbusのみ

最近一番オーソドックスなのは、「2のインテグレ-ティッドタイプ」でしょう多くのロード自転車で採用されています。


インテグレ-ティッドタイプの部品構成

 

 
        下側  <−−−−−                  −−−−−>  上側  

 Spacersは一枚〜二枚付属しています。   ちなみにOCR−1は二枚、TCRは一枚でした。

 
 
 インテグラルヘッドの組立て  −−−−−> 前のページに戻る
 
 
 
インテグラルヘッドのフレームとフォークのセットは、6角レンチ以外の工具を使用しません。  
 
フォークコラム下部にグリス塗ります。 フォークスリーブをフォークコラムにはめ込みます。 完全にはめ込みます。
手で押し込みます。
 
フレームをひっくり返すとベアリングが落ちますので、手で抑えておきます。

フレームの上ワン、下ワンにはグリスを塗ります。
フレームを下から見たところです。グリス塗ります。 フレームの下わんにロアーベアリングをセットします。 ベアリングをセットしたところ
ここにコラムを差し込みます。
上と下のベアリングは同じ物です。
フレームにフォーク(コラム部)を通します。 下ベアリングが落ちないようにはめ込みます。 下から見たところ
 

完全に通しました。
抑えていないとと簡単に抜け落ちてしまいます。

上ワンに向きを間違えないようにアッパーベアリングをセットします。 完全にはめ込んだあとはこのようになります。
 
センタリングスリーブをはめ込んでベアリングを固定します。
 
完全にはめ込んだところ
 
 
上スペーサをセット
 
スペーサは1枚ないしは2枚の場合があります。

ダストキャップセット
 

ダストキャップを完全にはめ込みます。
先にステムを通せばハンドルの位置が下がります。
コラムスペーサを入れます。
 
アルミまたは、カーボンのスペーサ(OS)を数個セット 今回は10mm、5mm、2mmをセットしました。  
ステムとコラムの差は1mm〜2mmでよさそうに思いますが以外にトップキャップの厚みが厚いので、固定できずに浮いてしまいます。色々な厚さのコラムスペーサが売られていますので調整しましょう。
ステムをセット
 
 
ステムはコラムの上
4mm〜5mm程度 あまらないとガタが出ます。
こんな感じ
 
スターファングルナットが入っています。※1
コラムスペーサとステムの順番を入れ替えることによりハンドルの高さを若干替えられます。
ヘッドキャップの固定であまりゆるすぎてもガタが出ます。

適度な力で固定します。

このときフォークの向きとステムの向きも正確に合わせます。
トップキャップをセットしてボルトで固定します。
トップキャップでフォークの回り具合を調整します。

6角レンチの長い方を使って固定します。
短い方で回すと硬くなりすぎてハンドルが渋くなります。

ステムを固定します。
上、下交互に締めて固定していきます。
 
正しく向きを合わせないとハンドルとタイヤの向きが曲がってしまいます!!
 
       


 
   
※1 アルミコラムの場合、スターファングルナットが使用可能ですが、カーボンコラムの場合使用できないので、
カーボンコラムの場合、クワハラ(KUWAHARA) ヒラメ ヘッドパーツ HIRAME マルチプレッシャープラグや、ステアーエキスパンダーなどを使用します。
もちろん、マルチプレッシャーアンカーをアルミコラムで使用してもOKです。
マルチプレッシャーアンカーや、ステアーエキスパンダーは特殊な工具はいりません。
6角レンチでフォークのコラムにセットできます。
 
   
  スターファングルナットのセットは特殊な圧入工具が必要になります。
アルミコラムの完成車には、スターファングルナットが使用されています。
15万くらいの完成車でも使用されていることがあります。